スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援活動を行う中でのこもごも

東日本大震災が起こってから一週間後の3月18日に災害時の性暴力・DV防止ネットワークを立ち上げて8か月がたちます。
ふりかえればあっという間の日々でした。

このネットワークを立ち上げたのは、阪神・淡路大震災の時も多くの性暴力被害が起こりながらも被害を受け付けてもらえなかったり、公に言えなかったりしてないものとされていたということを聞いていたからでした。
「きっと何かが起こる、なんとかしなくちゃ」という友人のサバイバーの声に押されて、何かしなきゃという思いだけで立ち上げしまったのですが、被害者支援の活動をする中で知り合っていた支援者の人、サバイバーの人、警察関係者、紹介してもらった人、たくさんの人との縁を頂いて約60人、6団体とつながることができました。
MLを通しての情報交換・情報提供、被災地訪問、安全啓発カードの共同作成、配布、支援物資の提供、メール相談部の立ち上げ・相談、10月29日のシンポジウムと、勢いで立ち上げた割には多くのことができたのは、みんながなんとかしなきゃと思ったからだと思います。そして、被害を決して出したくないと思ったからだとも。

私もこのネットワークを立ち上げる中で多くのことを学びました。
考えを整理し、オープンにするために、今後少し支援を通じて感じたこと・学んだことなどを書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

SANEjun

Author:SANEjun
2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修終了。2008年エセナ5女性への性暴力防止のための5回連続講座医療担当。性暴力被害者支援のための活動を行っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。