スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災~わたしたちだからできること~アンケート結果

先日お邪魔させていただいたしあわせなみださんNPO法人化記念イベント
東日本大震災~わたしたちだからできること~アンケート結果です。
アンケートはこちらhttp://p.tl/nZ0q

アンケートから、一部抜粋して掲載します。
現地の女性支援者の方にお越しいただいたことが、なによりの収穫ではないかと思います。
被災地の女性が何に困ってるのか、どのような支援が今後も必要なのかということはやはり現場の人に聞かないとわかりません。
その中でも、被災直後から立ち上がり、物資の提供・ティーンズ女子会・語りあいの場等、心に寄り添うきめ細かな支援を続けてこられた方のお話を聴けたのは私にとっても大切なことでした。
被災地とそれ以外の地域を結ぶ取り組みがこれからも続けられ、それが性暴力・DVを防止できる対応につながることを期待します。わたしもがんばります。



■本日の講座の満足度とその理由をご記入ください(%は満足度です)

・(180%)自分の被災地への気持ちが間違っていないことを確認できました。
・(85%)被災地の体験、声が聞けてよかったです。時間の制約がありましたが、もっと具体的な話を知りたかった。また、自分にできることを、もう少し時間をかけて考えてみます。
・(100%)実際に被災地の現状がどのようになっているのか、また何が求められ、今後何が必要になってくるのか、
パネリストの方々の話から知ることができ、大変有益でした。
・(90%)具体的な問題点をしっかり聞くことができた。ネットワークの力、大切さを教えていただきました。
・(100%)特に東北の女性支援者の方がお話くださった等身大のお話に、大変感銘を受けました。行動力にとても感動いたしました。ありがとうございます!
・(90%)満足でした。ただ男性が少ないのは残念でしたので、10%引かせて頂きました。
・(100%)大変有意義なシンポジウムであった。女性の視点による復興等を考えることは自分自身にとっては新しい
視点であった。
・(100%)東北で実際に震災にあわれた方のお話を聞くのは初めてだったので、心にしみました。
・(100%)分かったつもりでいたことが、もっと深く見えた様な気がします。でも、もっと深いのかもしれません。これからもアンテナはって、しっかり理解し共感し、今できる事を考えていきたいです。
・(90%)基調講演ならびにシンポジストの方々の話をもう少し聞きたかったです。全員ちょっと時間足らずな印象。
・(80%)もっと現地の生の声が欲しかった。
・(記載なし)とても大切な情報を聞かせて頂けたことを感謝しています。お一人ずつが少しずつ違った視点からお話されたことによって、多くの情報を得ることができましたし、いろんなことを考えるきっかけとなりました。ありがとうございました。
・(記載なし)ライフライツ・インパクト東京の森山様の“私を守れる私”の話は平易な語り口の中にとても大切な情報が沢山つまっていて、一言一言が心に染みました。最近勤務先でちょうどパワハラ・セクハラについて人権学習があったばかりで、その時にレクチャーを受けた内容が重なりました。“自分がこれから生きていくために選び取っていく力”の必要性というのを心にきざんで、この先考えていこうと思いました。
・(記載なし)震災時の状況、そして女性の「気持ち」の部分が少し分かった、というよりも伝わってきました。具体的なお話を聞くことができる貴重な場でした。

■登壇者や東日本大震災に遭った方へのメッセージがございましたら、ご記入ください

・気づいた時には山を登りきっている。皆頂上に向かって歩いている。
・大変興味深いお話ありがとうございました
・難民キャンプで問題になっている被災支援中毒にならないよう、自律を促すようなサポートを構築できるといいな
と思います
・「Whose real is it?」というサイトを運営しているので、何か告知、広めたい取り組みなどがございましたら、いつ
でもご一報ください。→http://whosereal.causepark.jp/npongo/2047.html
・登壇者の方々の各分野の御活躍に大変感銘を受けました。
・支援者がつぶれてしまわないように、支援者自身のケアも大切にして下さい。応援しています。
・この問題はもっともっと大きく知らせる必要があると思います。関係ある団体・個人がもっとこの問題(女性や子ど
もの被害実態)を知らせる活動のPRを強化してほしい。まず支援団体同志、他のタイプの違う団体も巻き込んで
いって欲しいです。
・熱心に活動されていることがよく分かりました
・仙台からお越しくださった女性支援者のお話は、今までメディアやネットで被災地の様子を見聞きしてたのにもかかわらず、あらためて少なからずショックでした。まだまだ被災地の人々が安心して暮らすには時間がかかると思います。私も一過性でなく、息の長い支援をしていきたいと考えてます。“頑張る事は被災地外の私達がひきうけるから、皆さんはあきらめないで”と申し上げたいです。
・お疲れ様でした。参考になります。マスメディアでは報道されない、現場の状況を聞けたのは貴重でした。
・(東北の女性支援者に向けて) 今日は本当にありがとうございました。お会いできてうれしかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

SANEjun

Author:SANEjun
2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修終了。2008年エセナ5女性への性暴力防止のための5回連続講座医療担当。性暴力被害者支援のための活動を行っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。