スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の女性・子どもの性暴力予防対応

被災地のみなさまは不安な思いで日々を過ごしてらっしゃると思います。
そのようなときにさらなるリスクを想定するのは気が重いと思いますが、起こりうるリスクを回避するためと思って読んでください。
阪神・淡路大震災の時は次のような事が起こりました。その場合の個人そして緊急で必要な対応をのせています。

屋外の場合
「倒壊した家屋にものを取りに入った時、トイレのために倒壊した家屋に入った時レイプ被害にあっています」
→外出時は安全を確保し、明るいとき複数名で行動するようにしましょう。
「ボランティアの女性が道路を歩いているときにおそわれています」
「ワゴン車を用意し、お風呂に入りたいボランティアの女子学生たちを誘って、解体現場に連れ込み複数で輪姦。」
→ボランティア女性の安全確保のために、団体は取り組んでださい。個人でも複数名で行動し、身の安全を図ってください。

屋内の場合
「避難所でも人気のないところ、死角でレイプやわいせつ被害にあっています。」
→人気のある明るいところで行動しましょう
→適切な明かりが照らせるよう十分な電気や充電電力を確保しておきましょう
→着替えや各自の衛生管理のためにプライバシーを守れる場所を提供しましょう。授乳のためにも女性たち専用の場所が必要です
→避難場所に、安全が確保できないような場所や性暴力が起こりそうな場所があればそこだけ立ち入り禁止にしましょう。
→地域警備や、避難住民がお互いの安全に気を配るようなセクションごとの警備などを実施するようにしましょう。
→希望者がいれば、眠ったり生活したりする場所を女子用と男性用に分けましょう。特別な養護が必要な人や、被害に合いそうな人が分断されないように気をつけましょう

「避難所でも寝泊りする場所から離れたところに、トイレが作られそこで女性や子どもが性被害に合っています」
→トイレは寝泊りする場所から近い場所、なかに人が潜まないように安全に監視ができる場所に設置しましょう。

(「」の部分はウイメンズ・ネット神戸 正井礼子さん報告)

私も、阪神・淡路大震災の時は避難所で寝泊りしていました。
込み合う避難所で家族と離れた場所を確保せざるをえなかったり、明るい照明に照らされて眠れなかったり、プライバシーのなさ、疲労やストレスが余計にたまることも理解しています。そのうえで、あなたの安全を守るために、必要なことを考えました。ボランティアの方も自分の安全を守り、そして他者の支援にあたってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

SANEjun

Author:SANEjun
2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修終了。2008年エセナ5女性への性暴力防止のための5回連続講座医療担当。性暴力被害者支援のための活動を行っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。