スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の状況

震災から11日が立ち、避難所の生活も厳しくなっているようです。

毎日jpよりhttp://mainichi.jp/select/today/news/20110321k0000e040002000c.html
東日本大震災:避難所「ストレス極限」…情報も足りない
2011年3月21日 8時34分 更新:3月21日 11時19分

薄暗い避難所の体育館に敷いた布団の上に座る女性「嘔吐(おうと)する人が目立つ」「ストレスが極限に来ている」。宮城、岩手、福島の避難所運営責任者アンケートからは、被災者の心身の状態が日々悪化していることが浮かんだ。医薬品が乏しく、暖房が不十分で風邪をひく人も多い。着替えが不足し、トイレの状態も劣悪で衛生面にも課題がある。先行きが見えないこともストレスの原因となっている。◇インフル、下痢、トイレの衛生も劣悪……
 岩手県大船渡市の綾里中学校(避難者120人)では、風邪をひいている人が若い世代も含め10人程いるという。同県釜石市の甲子小学校(同283人)では、十数人が感染性胃腸炎を発症し、下痢や嘔吐などの症状が出ている。ともに医薬品は「ある程度ある」状態だが、患者全てが最適の薬を使えるわけではないという。

 宮城県石巻市の湊小学校(同650人)は暖房が十分でなく、温かい食事も何日かに1度。医薬品もあまりないと回答している。胃腸を壊す人が出始め、「建物1階が泥だらけで食中毒やノロウイルスが心配」という。

 長引く避難生活で体調を崩す人が目立ち、各地の避難所では、インフルエンザ患者も出始めている。

 断水で水が流せず、トイレが不潔な状態になっている避難所も。宮城県東松島市の避難所では、足の悪いお年寄りは廊下の簡易トイレで用を足さざるを得ない状況だ。

 岩手県大槌町の安渡小学校(同約800人)でも「和式の簡易トイレが来たが、洋式便座がないとお年寄りが使えない」。温かい食事も何日かに1食しか食べられず、高齢者によりつらい状況となっている。

 プライバシーが保てず、窮屈な避難所ではストレスも大きな課題だ。岩手県宮古市の愛宕小学校(同180人)は満員で、「寝る場所が狭く、避難者同士のけんかもある」(抜粋)

YOMIURIONLINEは三宅島噴火・阪神・中越被災者に対策を聞いています。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110321-OYT8T00030.htm

2000年9月に火山活動により全島民が島外に避難した三宅島。北区の都営桐ヶ丘団地に避難した島民の自助グループ「桐ヶ丘三宅島ボランティア会」で会長を務めた浅沼惇さん(79)も、被災地の状況に胸が張り裂けるような思いでいる。

「体育館などの避難施設ではなく、一刻も早く、プライバシーが保たれて安心して過ごせる公営住宅などに入居させてあげてほしい」と訴える。「お互い気遣いあってはいても大部屋での生活は10日が限度。ストレスがたまって避難者同士のいさかいも生じかねず、精神的に参ってしまう」

 避難当初は子供だけ集団生活を送った三宅島の反省に照らし、「親子が離れることのないように」。そして「避難先はなるべく近隣住民同士が遠く離れない場所。自転車で行き来しあえる範囲が望ましい」という。

 避難者名簿を作ることも勧める。見知らぬ土地で、隣近所に知り合いがいない孤立感を味わった。村は忙しくてしばらく連絡もなかった。そんな中で役立ったのが同じ団地に入居した島民同士で作成した名簿だった。世帯主、家族全員の氏名と年齢、連絡先を一覧にし、入居者が加わると更新する。名簿をもとに、届いた情報や物資を配って回るうちに島民が1人また1人と活動に加わり、「ボランティア会」を組織した。

 受け入れ側の支援も忘れられない。北区は事前に自治会に呼びかけて支援物資を集め、地域で温かく迎えてくれた。帰島までの間、区や社協、診療所などの担当者間で毎月会議を開き、困っていることはないか要望を聞いてくれたという。

■精神的な支え

 渋谷区のIT会社経営、鈴木貴大さん(31)は中学3年の時に自宅で阪神大震災に遭い、避難所になった小学校は満員で入れず、近所の人々と公園でテント暮らしをした。

 避難所生活が長期化すると、気持ちがふさぎ込まないようにすることが重要だと指摘する。「近くまで道路が通じたらしい」「救援物資が近くの避難所に届いたらしい」といったうわさが飛び交うが、誤った情報だと分かるたびに落ち込み、電気が復旧して初めて心に余裕が生まれたという。

 「今回の被災者は私たちよりはるかに厳しい。救援物資が行き渡ることが大事だが、その後は、音楽やスポーツなど、精神的に支えになるものも必要になる」

■アレルギー

 中越地震で避難所生活を送った新潟県長岡市の豊永有さん(47)によると、呼吸困難などの症状が出る「アナフィラキシー」を引き起こすおそれがあるため子どもに支給された乾パンを食べさせられない母親は「何を食べさせたらよいのか」と悩んでいたという。卵や乳製品のアレルギーの子に仕方なく救援物資を食べさせたところ、かゆみやせきなどの発作を起こしたこともあった。

 人工透析を受けていた避難者も食事制限が厳しく、普通のご飯やパンは食べられない。農家からなる「有限会社エコ・ライス新潟」のマネジャーを務める豊永さんは中越地震後、たんぱく質やカリウムを抑えた透析患者用の「はんぶん米」を開発し、都や練馬区は備蓄米としている。豊永さんは18日に盛岡、20日には仙台へ、それぞれ2000食分のはんぶん米などを届け、食事制限の必要な避難者の拠点作りも行っている。

 阪神大震災の避難所を研究した首都大学東京の上野淳教授=写真=に聞いた。

 阪神大震災では発生後、被災者の安全、最低限の水、食糧を確保する「生命確保期」に3日程度、ボランティア活動が本格化する「生活確保期」に1週間程度かかった。今回の被害はより甚大で広域に及んでおり、まだ生活確保期にも入っていない。

 まず必要なのはトイレを清潔に保つこと。断水などで排せつ物が流せないと避難者はトイレを我慢するようになる。水分摂取を控えたりして、脱水症状を引き起こす心配もある。

 次に、避難者の居住スペースの確保。阪神大震災では当初、1人当たり1平方メートル程度しかなかった。1坪(3・3平方メートル)は必要。ついたてを設けるなどして視線を遮るプライバシー保護も考慮してほしい。

 阪神大震災ではすべての避難所が解消されるのに半年以上を要した。行政は当面、暖房のための燃料の調達と水道の復旧を急ぎ、可能な限り早く、仮設住宅を建設し、移住に着手する必要がある。移住した避難者が孤立感に苦しまないよう地域コミュニティーをひとまとまりにして移住してもらうなどの配慮も大事。ボランティアの方には、高齢者や障害者など弱者を優先した支援をお願いしたい。

(2011年3月21日 読売新聞)

関連情報

観光庁は被災者向けの宿舎を29000人分確保し、「1人当たり1泊3食付き5千円の費用と宿までの移動にかかる費用を全額、公費で負担する。同庁は利用方法など詳細について被災県と調整を進めている」そうです。

ニュースhttp://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201103210215.html

国土交通省は、公営住宅に入居したい被災者向けに電話相談を始めました、
0120・297・722
http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201103210213.html
「電話の受付時間は22日は午後3時から、23日以降は午前9時から、午後6時まで。土日祝日も同センターでは電話を受けるが、自治体によっては転送できない場合もある」


早く、被災者の方の生活が落ち着かれるように、適宜情報などを追加していきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

SANEjun

Author:SANEjun
2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修終了。2008年エセナ5女性への性暴力防止のための5回連続講座医療担当。性暴力被害者支援のための活動を行っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。